MENU

顎ニキビ治す方法

<顎ニキビ治す方法の概要>
ちょっと睡眠不足が続いたりストレスがたまると、すぐにニキビができてしまう体質の人も多いでしょう。特に顎ニキビは化粧で隠しきれない上に大きく目立つことが多く、女性にとって悩みの種と言えます。この気になる顎ニキビを早く治す方法もいくつかあるので、知っておくと役立ちますよ。

 

そもそも顎ニキビの原因としては、上記のようなもの以外にホルモンバランスの乱れも大きく影響しています。顎と言えば男性ではヒゲが生えてくる場所で、女性でも多少は男性ホルモンを分泌しています。顎にできるニキビは、男性ホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌される人に多いとされています。皮脂は毛穴に詰まりやすく、そこに雑菌や汚れが溜まりやすいために炎症反応であるニキビが出来やすくなってしまうのです。このため、顎ニキビ治す方法としてホルモンバランスの乱れを整えるホルモン療法を行えば、ニキビの原因となる皮脂の分泌を抑え、肌質を改善させることができます。ホルモン療法とは、男性ホルモンの分泌を抑えるための特別な薬やピルなどを用い、女性ホルモン優位の状態へ近づけることで行われます。早ければ1ヶ月程度で、ホルモンバランスを整え、ニキビを治すことも可能となります。

 

また、顎ニキビ治す方法として他にもステロイド治療や抗生剤治療といった方法で早く治すこともできます。
ステロイド治療とは、副腎皮質ホルモンであるステロイドを直接患部に塗布し、炎症を抑えるために行われます。効果が非常に強く即効性があるため、ニキビの状態が悪かったりなかなか治らない場合によく使用されます。塗り薬の他にも、錠剤や注射などがありますが、いずれの方法でも効果が高い代わりに副作用が大きいという問題もあるため注意が必要です。このため、応急処置的に使用することはありますが、長期間常備薬として使用することはほとんどありません。
抗生剤治療とは、皮膚科で最もポピュラーに行われている治療法の一つで、抗生剤で炎症を抑えることでニキビを改善させることになります。顎ニキビ治す方法の中ではステロイドよりは効果が穏やかなので、副作用の心配も低く安全に使用できると言ったメリットもあります。その分即効性には欠けることもあるので、事前に医師とよく相談しておきましょう。

 

また、薬以外でも抗酸化作用のある食べ物を摂取すると治りが早くなると言われています。
抗酸化作用のある食べ物とは、細胞にダメージを与えたり老化を進める働きのある活性酸素を除去してくれる食品を指します。活性酸素は肌を衰えさせるため、ニキビが出来やすい環境づくりをしてしまうことになります。このため、活性酸素を除去することで肌質や新陳代謝を活性化させ、ニキビの改善にも役立てることができます。具体的には、ビタミンCやビタミン、ポリフェノールなどの成分を含んだものが一般的です。また、ビタミンCは肌に塗ってもニキビ改善に効果的ですが、肌表面からは吸収されにくいためビタミンC誘導体を使用する方がおすすめです。ビタミンC誘導体とは、肌表面からも吸収されやすいよう人工的に改良された成分で、角質まで届く浸透力があり、吸収後は酵素反応を起こしてもとのビタミンCに変化するといった特徴があります。

 

自宅で顎ニキビ治す方法としては、基本的な生活の改善の他、基礎化粧品を顎ニキビ専用のものに変更することが挙げられます。
日本には顎ニキビ専用の基礎化粧品は少ないため、選ぶのは難しくないかと思います。